前へ
次へ

オープン外構工事を行う際のポイント

外構工事にいくつか種類がありますが、その中でも工事方法としてオープン外構と呼ばれる工事があります。これは道路や隣家などの境界と明確にするために塀や門を設置する事はせず、あえてオープン状態にする外構工事になります。オープンにすることでより開放的になり、限られた敷地全体を有効的に活用できるという大きめポイントが得られる外構工事の1つになります。ですが同時に抑えておくべきポイントとなるのがプライベートの確保と防犯面の向上が重要となってきます。塀や門などがなくなるので、どうしても防犯面ではオープン外構の場合は心配になってきます。ですが塀や門が無い分、窓や玄関に勝手口などしっかりと出入り口の防犯面を強化するというのがポイントとなってきます。また塀が無いので家がそとから丸見えになってくるので、カーテンやブラインドといった様々なアイテムを利用することで、自宅の中が見えないように工夫することも重要なポイントの1つになります。

Page Top