前へ
次へ

外構工事期間施工依頼主からのお茶はありがたい

外構工事に来てくれている職人さんに、休憩時にお茶やお菓子を出すべきかは迷います。業者のほうからはお茶出しは不要といわれても、施主のほうからしたら、家に来て外構工事をしてくれるのですから、何もしないのも落ち着きません。本音からいうと業者側は気遣いは不要とは言いますが、お茶が出されたらお断りすることはないです。ありがたくおいしくいただいて、休憩後はまたバリバリと仕事に励みます。外の仕事をする職人は、仕事の合間に休憩を取りますが、1日の中で午前10時と午後15時の2回です。作業の進行状況にもよりますが、コンビニでコーヒーを買ったりお菓子を食べたりして、自分たちで何か食べ物を調達をしています。でも家庭の工事をする際には、出されたお茶菓子やお茶は喜んでいただきますし、恩を受けることになるのでその分、仕事も丁寧にするなど実はよい面も多いです。毎日豪華なお茶出しをするのは大変ですが、工事に来てくれる間に1回でも何か出しておく程度なら、さほど苦にはなりません。

Page Top